/

コンビニ、高級アイス強化 独自商品で女性に的

コンビニ各社は自社でしか取り扱わない高級アイスを充実させている(東京都千代田区のセブンイレブンの店舗)

セブン―イレブン・ジャパンなど大手コンビニエンスストアが200円以上する高価格帯アイスの販売に力を入れている。ナショナルブランド(NB)、プライベートブランド(PB)を問わず、自社の店だけで扱う商品を充実させている。アイスは食品関連で他チェーンとの違いを出せる数少ない分野。アイスを目当てに店に来る女性らを取り込み、既存店の競争力引き上げを目指す。

セブンイレブンは現在、有力ブランドと組んだ同社限定の高価格帯アイスを6品目そろえている。前年同期の2倍だ。

例えば、アイス専門店、コールド・ストーン・クリーマリー・ジャパン(東京・港)のカップアイス。昨年末に2品目を売り出し、今年も4、6、7月と立て続けに3品目出した。最新作「ジューシーマンゴーパッション」(250円)は粗めに刻んだマンゴー果実入り。生産を担当するロイヤル食品は専用機械を導入し、作り込んでいる。

8月上旬から、高級チョコレートブランド「ゴディバ」のカップアイス(420円)も販売している。カカオをすりつぶし、バニラ味のアイスに混ぜたものなど2品目だ。ゴディバの店でも売っているが、コンビニはセブンイレブン限定だ。

セブンイレブンでアイス類を担当する宮賢二シニアマーチャンダイザーは「来店動機になり、客単価向上にもつながるアイス売り場の高級化に力を入れている」と話す。実際、電子マネー「ナナコ」を使ってコールド・ストーンのアイスを買った人のうち、女性は65%。アイス全体(60%)を5ポイント上回っており、女性客の取り込みに一定の効果を上げているという。

日本アイスクリーム協会(東京・千代田)によると、2012年度のアイスクリーム類・氷菓の市場規模は4181億円と09年度比で9%増。デザートに買う20~30代男女が増え、市場拡大を後押ししているという。

コンビニはデザート類でケーキなど冷蔵(チルド)の商品力を競ってきたが、「品ぞろえが手薄な高級アイスは独自色を出しやすい」(セブンイレブン)。いれたてコーヒーに続き、各社が注目し始めている。

先駆けはファミリーマート。昨年5月に自社ブランドで「GELATO(ジェラート)」シリーズ(250円)のカップアイスの販売を始めた。発売初週に計画の5倍の100万個を売り、知名度を上げた。現在も2カ月に1品目のペースで新商品を発売し、固定客をガッチリつかんでいる。

サークルKサンクスは7月、自社ブランド「シェリエドルチェ」で初の高級アイス(220円)を発売した。ミルク味など6品目で、年内にさらにラムレーズン味など2品目を追加する。アイス類は冬場に売れ行きが落ち込むため、「年間を通じ安定して売れる高級アイスでテコ入れする」(同社)狙いもある。

ローソンは2月に自社ブランド「ウチカフェスイーツ」でアイスの展開を始めた。第1弾は126円のアイスバー。4月にデザートの看板商品「プレミアムロールケーキ」のクリームに使う生乳が原料のコーンアイスを発売し、195円と価格帯も引き上げた。

コンビニの既存店は6月、13カ月ぶりに増収になった。全国的に気温が高い日が多く、夏向け商品の販売が伸びたためだが、来店客数は13カ月連続の減少。客を呼べる商品分野に育てるため、各社の取り組みは今後、一段と熱を帯びそうだ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン