/

この記事は会員限定です

冷凍食品の「特売半額」は本当に5割引なのか?

[有料会員限定]

「原価率」という言葉をよく聞くようになった。東京・銀座地区にある立ち飲みレストラン「俺のフレンチ」(経営は俺の株式会社)が一般的に30%前後とされる食材原価を60~70%にして話題を集める影響が大きい。最近のニュースでも「原価率はどれほどなのか」と疑問に思うことがある。それは消費者庁が4月下旬、冷凍食品の価格表示で、実際にない「希望小売価格」を掲げて「×割引き」「半額」とうたうことは景品表示法違反...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1793文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

消費を斬る

話題のヒット商品やトレンドの背景を専門記者が最前線の取材から分析、「今なぜ売れるのか」「次の流行は何か」を解き明かす。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン