/

TDL「スター・ツアーズ」を3Dに 13年春

東京ディズニーランドの「スター・ツアーズ」では「スター・ウォーズ」の世界を体験できる(画面はイメージ)

オリエンタルランドは16日、東京ディズニーランド(TDL、千葉県浦安市)の映画「スター・ウォーズ」をテーマにした人気アトラクション「スター・ツアーズ」を2013年春に刷新すると発表した。3次元(3D)技術を使い、迫力ある映像を体験できるようにするのが目玉。投資額は約70億円。スター・ツアーズの刷新は1989年の導入以来、初めて。

スター・ツアーズは、映像に合わせて動く乗り物に乗って宇宙旅行気分を味わうアトラクション。刷新後も体験時間は4分30秒で現在と変わらないが、複数の映像を組み合わせて50パターン以上のストーリーを楽しめるようにしリピーターを増やしたい考え。現在のスター・ツアーズは来年4月1日で終了する。

TDLで3D映像を使ったアトラクションは現在、歌手の故マイケル・ジャクソンさんが登場する「キャプテンEO」や「ミッキーのフィルハーマジック」がある。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン