/

地方の歴史に脚光 郷土史や古文書、ネットで閲覧

(ネット巧者たち)

図書館流通センター(TRC、東京・文京)発のベンチャー企業、TRC‐ADEAC(同)が3月に開始した歴史資料のネット閲覧サービスが注目されている。地方の図書館や博物館に眠る郷土史や古文書、絵図をデータベース化して同社のサイトに公開する仕組みで、サイトにアクセスさえすれば資料をみることができる。自治体にとっても地域への関心を高める手段となりそうだ。

 ▼自治体史・歴史資料検索閲覧システム 歴史資料をデジタル化し、ネット上で無料で検索・閲覧するための基盤。複数の資料を横断的に同時検索できるほか、関連資料がある他のサイトへのリンクもつける。
「自治体史・歴史資料検索閲覧システム」運営の田山健二氏

2010年から12年にかけて東京大学史料編纂所とTRCなど4社が共同で、歴史資料のデータベースのシステム「自治体史・歴史資料検索閲覧システム」を作成。石川県立図書館と連携し、同県史をモデルに全1500ページの本文、引用資料の画像や作成時期などの来歴も電子化した。

例えばサイト上の検索エンジンで「前田利家」と検索すると、同県史の何ページに載っているのか、どんな資料があるのかが探し出せる。画像には特別な加工処理を施してあり、タブレット型端末を使って拡大してもぼやけることなく鮮明だ。

「自治体史や古文書などは、取り扱いが難しく、一般の人はもとより研究者も気軽に利用できなかった」とTRC‐ADEACの田山健二社長(50)。その中で「地域の貴重な資料を広く一般に公開し、地域への関心を高めてほしいという自治体の要望は高まっている」という。

専用サイトでは貴重な絵図などもデータベース化する

TRC‐ADEACは自治体などからの資料のデータベース化の受託料とサイトの掲載料を収入にする。受託料は自治体史の冊子の文章1000ページ分で500万円程度。掲載料は月額3万~10万円という。

サイト上では複数の自治体の歴史資料を横断した検索も可能。「新しい史実の発見につながる可能性もある」(田山社長)と期待する。

サイトに公開している自治体史は現在、石川県史と堺市史の2つだが、アクセス数は6月が13万6000件と3月比で倍増。他の自治体からもデータベース化の依頼が来ているという。

[日経MJ2013年7月19日付]

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン