/

この記事は会員限定です

若者と双方向で「メンタリング」を 石倉洋子・慶大大学院教授

団塊世代インタビュー(シニアが拓く 第2部)

[有料会員限定]

グローバル化と技術革新が急速に進む時代にシニアはどう向き合えばいいのか。世界経済フォーラム(ダボス会議)の審議会メンバーにも加わる慶大大学院の石倉洋子教授(63)に聞いた。

――日本の現状をどうみるか。

「希望に満ちたアジアの国から帰ってくると、エネルギーのなさを感じます。世界3位の経済規模といっても、何となく閉塞感があり、若い人の数も少ない。どこからどう見てもすごく成長する社会ではありません」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1881文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン