/

「コメダ珈琲店」をMBKが買収 国内1000店体制急ぐ

「コメダ珈琲店」を展開するコメダ(名古屋市)は15日、アジア系投資ファンドのMBKパートナーズがコメダの株式を取得すると発表した。筆頭株主である国内投資ファンドのアドバンテッジパートナーズとMBKが同日、株式譲渡契約を結んだ。MBKによる買収を機にコメダは出店を加速し、国内1千店体制の確立を急ぐ。

MBKが2月にアドバンテッジ(出資比率78%)のほか、サッポロホールディングス傘下のポッカサッポロフード&ビバレッジ(同12%)などから全株を取得する。買収総額は負債も含め約430億円とみられる。

コメダは中部を中心に現在484店を展開。2013年2月期に約60店の出店を計画するが、MBK傘下で早期に年間3ケタの出店ペースを実現する。サッポロHDは15日、今回の株式譲渡益約34億円を特別利益として13年12月期に計上すると発表した。

MBKは日中韓のアジア主要3カ国で企業買収投資を手がけている。日本ではTASAKI(旧田崎真珠)や大阪市のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」の運営会社などへの投資実績がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン