/

この記事は会員限定です

UCC、コーヒー飲料に100億円投資 生産能力5割増

[有料会員限定]

UCCホールディングス(HD)傘下のUCC上島珈琲は4月、コーヒー飲料の製造ラインを滋賀工場(滋賀県愛荘町)に新設する。投資額は100億円で、同社の工場への投資では過去最大。ペットボトル入り商品を主に作る工場で、同商品の国内年産能力は5割増の1千万ケースになる。缶入りが主体の国内コーヒー飲料市場は最近伸びを欠くが、ペットボトル入りは女性や高齢者を中心に需要増が見込める。このため大型投資を決めた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り616文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン