西友、食品や日用品1000品目を平均10%値下げ

2011/6/14付
保存
共有
印刷
その他

西友は14日、食品や日用品、衣料品など1000品目を16日から平均10%値下げすると発表した。同社が実施したアンケートで、東日本大震災後に物価が上昇したと感じる消費者が増えていることに対応。値下げにより消費を喚起したい考えだ。

品目別では食品が最も多く500品目強。「イセ 森のたまご e卵 10個」は298円から258円に、同社のプライベートブランド(PB=自主企画)の「グレートバリュー・北海道牛乳 1000ml」は189円から178円に値下げする。伊藤園の「おーいお茶 緑茶 500ml」も89円から78円に販売価格を下げる。

食品以外では、節電対策で需要が高まっている発光ダイオード(LED)電球で、「シャープ DL-LA LED電球」も1970円から1770円に値下げ。このほかウエットティッシュなどでも販売価格を下げる。メーカーとの交渉で仕入れ価格を引き下げたり、粗利益を一部削ったりして値下げ原資を捻出する。

西友が実施したアンケートによると、関東の消費者の65%が震災後に「物価が上昇した」と回答したという。震災後、消費者の節約志向は一段と高まっているもよう。西友は大がかりな値下げ実施で消費を刺激したい考えだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]