/

セブンイレブン、節電へ首都圏5000店にLED照明

100億円強投資 夏場の電力25%削減

セブン―イレブン・ジャパンは14日、100億円強を投じて首都圏の店舗約6000店を中心に発光ダイオード(LED)照明や太陽光パネルを導入すると発表した。店内の空調や冷蔵設備の使用のムダを計測できるセンサーも設置、店内の節電を徹底する。電力不足が懸念される夏場の電力使用量を約25%削減する効果があるという。

管内の約5000店で、店内照明と店頭誘導看板をLED照明にする。ビル内の店舗などを除いた約1000店に太陽光パネルを設置する。これら部材は京セラから本部が一括調達する。ほかに旧型の冷蔵庫などを省エネ型に入れ替える。

また昨年から実験を進めてきた店での電力使用量を測る「スマートセンサー」も導入。本部で冷蔵設備や空調など項目ごとの各店の電力使用が把握できるようになる。節電が行き届かない店舗は本部が指導する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン