ネット販売との対立越え 実店の役割「ハブ空間」に (三淵啓自)

(1/2ページ)
2013/5/17 7:00
保存
共有
印刷
その他

ここ数年、量販店や小売店舗と、電子商取引(EC)事業者との対立が激化している。インターネット販売やECに関しては、スマートフォンやタブレットの普及により、これまでパソコン利用者に限られていたサービスが急拡大した。

《ポイント》
(1)実店舗とEC事業者との対立には違和感がある。
(2)情報化社会の進展から、消費者行動や店舗の意義の見直しが必要だ。
(3)SNSは場と物と人を結びつけるためのコミュニティーに進歩する。

経済産業省の調査によると、国内の小売市場が横ばいにもかかわらず、BtoCのEC市場は、2011年の8.5兆円から14年には11兆円に達するとの予測もある。世界最大のEC事業者である米アマゾンは、情報端末キンドルを破格の値段で普及させ、端末の接続も無料化プランを打ち出し、人々の購買行動を実店舗から情報端末へと変え、米国ではウォルマートストアーズなどがキンドルの販売を中止する対抗策に出た。

さらにインターネットのソーシャルネットワークを活用して、人々を店舗に誘導するO2O戦略や、Webの特性を生かしたフラッシュマーケティング、顧客にゲーム感覚で来店を促すゲーミフィケーション、キャラクターやコンテンツなどを活用したストーリー戦略が進んでいる。ただ、戦略が多様・複雑化するとユーザー離れも起こす。

そうした中で、ローソンのソーシャルメディア活用が注目に値する。10年から開始し12年11月時点で、ツイッターが約22万人、ラインが約433万人、フェイスブックが約39万人。各SNSの特性を生かし、流す情報の内容や量を設計し、ユーザーに飽きさせない工夫をはじめ、ポイントやクーポンで来店を促している。一般的にSNSの活用はイベント性が高く短期的な効果は見込めても、安定した顧客やブランド構築に至っていない事例が多い。だが、ローソンでは企業キャラクター「あきこちゃん」を通して、キャラクターの制作やテーマソングを募集するなど、コミュニティー戦略をとっている。

しかしながら情報化社会を考えた時に、実店舗とECとの対立には違和感がある。実店舗の役割が変化しているからだ。ショールーミングにみられるように、消費者行動や、店舗の意義を考え直す必要がある。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]