/

オリンピック、食品スーパーのカズン買収

ディスカウントストア大手のオリンピックは12日、食品スーパーのカズン(東京・足立)を買収すると発表した。取得額は3億円。首都圏を中心にスーパーを約40店展開するオリンピックは、これまで手薄だった東東京地区の店舗網を拡大する狙いだ。

カズンは足立区などで店舗を展開している。17日、岩崎一彦社長から全株を取得し、完全子会社化する。11年2月期の売上高は110億円、最終損益は9528万円の赤字。2期連続の債務超過に陥っていた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン