/

モバイル販促、進化するライブ感(日経MJ5月12日付から)

ツイッターを使ってロンドンバスの運行状況やイベントの案内を随時告知する(東京都港区のヴァルカナイズ・ロンドン)

携帯電話を利用したマーケティング活動が注目されるなか、商品購入や来店の促進につなげる「モバイル販促」の進化が加速している。ツイッターやSNS(交流サイト)「mixi(ミクシィ)」といったソーシャルメディアやリアルのイベントなどを組み合わせ、さらにAR(拡張現実)をはじめとする最新技術を駆使するのが特徴だ。娯楽性も加味し、利用者が体験・参加しながら消費意欲を高められる「ひねり」具合が成功のカギを握る。

5月1~5日、2階建てロンドンバスが東京都内の渋谷と青山を往復した。乗車したのはスタンプラリーの参加者。5日間で約2000人の若者や家族連れを動員した。

青山の「ヴァルカナイズ・ロンドン」など英国ブランド専門店を回り、スタンプを集めれば航空券などの懸賞に応募できる。ヴァルカナイズを経営する商社BLBG(東京・港)やヴァージンアトランティック航空が組み、空き店舗が目立つ同地域の活性化と顧客開拓を目指して開催した。

ツアーの盛り上げに一役買ったのがツイッターだ。バスの運行情報や参加者の声を同時進行で掲載。「携帯で様々な"つぶやき"が見られて、ライブ感を味わえた」と45歳の会社役員は話す。田窪寿保BLBG社長は「実体験とソーシャルメディアのクロスで、青山ツアーを参加者に深く印象づけられたはず」と期待する。

(全文は12日付日経MJに掲載します)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン