朝倉ミクシィ、試練の船出 「サービスの総合商社」めざす
SNSユーザー激減、どうはね返す

(1/3ページ)
2013/6/12付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

交流サイト(SNS)大手ミクシィが新たな収益体制の確立に向けてかじを切った。25日付で朝倉祐介執行役員が社長に昇格、創業者の笠原健治社長は代表権のない会長に就く。かつて国産SNSの雄として名をはせたミクシィも、2013年3月期は広告収入が伸び悩み、5%の減収。急激に進むスマートフォン(スマホ)シフトへの対応や、フェイスブックなど国内外のインターネットサービス企業との競合など、厳しい局面にどう立ち…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]