/

この記事は会員限定です

小売り、格安店の出店加速 イオンは首都圏3倍に

デフレ強まる可能性も

[有料会員限定]

格安な食品や日用品をそろえる小売り各社が出店を加速する。イオンは2013年度までに首都圏で小型ディスカウント店を現在の3倍の100店に増やす計画。100円ショップ大手4社も13年度に合計で200店程度増やす。消費の減速感が強まるなか、各社は低価格を武器に集客力を高める狙い。デフレ傾向が強まる可能性もある。

イオンの「アコレ」はコンビニエンスストアの2倍の広さで、東京都や埼玉県の都市部に集中出店する。メー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り574文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン