/

この記事は会員限定です

アマゾンに逆襲へ布石 楽天・三木谷社長の深謀遠慮

[有料会員限定]
 楽天が書籍のインターネット通販で、米アマゾン・ドット・コムへの対抗策を打ち出す。楽天は今秋、出版取次3位の大阪屋(大阪市)を傘下に収める。日本出版販売(日販)とトーハンの2強に引き離されている大阪屋だが、アマゾンジャパン(東京・目黒)との付き合いが長い。楽天はその大阪屋の大株主となることで、アマゾンのノウハウも吸収できそう。書籍事業強化に動き出した三木谷浩史・楽天社長の深謀遠慮を読み解く。

2000書店を販売網として多重活用

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1356文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン