ブルーレイ旧作ソフト値下げ 店頭で2千円割れも

2010/4/9付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

映像ソフト大手のワーナー・ホーム・ビデオ(東京・港)とソニー・ピクチャーズエンタテインメント(同、SPE)は月内にブルーレイ・ディスク(BD)ソフトを値下げする。人気映画ソフトなどの希望小売価格をほぼ半額の2500円に設定。このため家電量販店などでは2千円割れの商品も出てくる見通しで、普及に弾みがつきそうだ。

対象となるのは発売から6カ月以上経過する旧作のBDソフト。SPEは16日から「ターミネ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]