/

この記事は会員限定です

「暑い夏」個人消費も熱く 飲料やレジャー好調

[有料会員限定]

全国的な猛暑で個人消費が活気づいている。スーパーやコンビニエンスストアの店頭では清涼飲料水などの販売が観測史上最高の猛暑となった2010年に迫る勢い。7月中旬まで気温の低い状況が続き、小売りや外食の売り上げは不振が目立ったが、一転して訪れた「暑い夏」が個人消費を後押ししている。

気象庁によると、気温35度以上の猛暑日となった観測点は7月31日に全国927地点のうち170地点に達し、10年7月の最...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り749文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン