/

銀だこ、たこ焼き実質値上げ 1食8個から6個に

小麦粉・タコ高騰で

たこ焼き店「築地銀だこ」をチェーン展開しているホットランド(宮城県石巻市)は、たこ焼きの販売価格を実質的に引き上げた。1食分の個数を8個から6個に減らした。小麦粉やタコなどの材料費が高騰していることに対応するため。

従来は1食8個入りで主力の「ぜったいうまい!!たこ焼」が500円、ほかの商品が600円だった。8月からすべて500円とし、個数を2個減らした。「ぜったいうまい」は1個あたり約21円、ほかの商品も同約8円高くなった。

同社は2008年にも材料費高騰に伴い、商品価格を20円引き上げた。この時は1食分の量は変えず単純に値上げした。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン