/

この記事は会員限定です

団塊の消費も女性が主導

阪本節郎・博報堂新しい大人文化研究所長

シニアが拓く(3)インタビュー

[有料会員限定]

国内消費の4割以上を担うシニア。その中核に位置する団塊の世代の消費にはどんな特徴があるのか。博報堂新しい大人文化研究所の阪本節郎所長(60)に聞いた。

――団塊の世代が60歳を迎えた5年前、消費は大きく盛り上がりませんでした。

「ちょうど社会保険庁の年金記録問題が発覚して、年金不安が起きた。後期高齢者医療制度も話題となり、将来に身構える人が多かった。さらに影響が大きかったのがリーマン・ショックだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1250文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン