/

この記事は会員限定です

「築地銀だこ」石巻に本社移転、100人雇用 新工場も

復興後押し 群馬・桐生から

[有料会員限定]

たこ焼きチェーン「築地銀だこ」を運営するホットランド(群馬県桐生市)は東日本大震災からの復興を後押しするため11月、本社を宮城県石巻市に移し、約100人を雇用する。来年にはタコの加工工場も同市に新設する方針だ。

新本社には業態開発や人材教育などの機能を移す。新たに雇う約100人の大半はパートやアルバイトで、正社員は約1割の見通し。桐生市にはグループ会社の運営機能を残すものの、佐瀬守男社長は週の半分...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り270文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン