/

この記事は会員限定です

老人しかできないボランティアにやりがい

山田恭暉・福島原発行動隊理事長

シニアが拓く(4)インタビュー

[有料会員限定]

「原発事故収束にシニアの力を!」を合い言葉に集まった福島原発行動隊の隊員は全員が60歳以上。若い世代の被曝(ひばく)を減らすため、企業を引退した技術者が中心となって活動している。2011年4月に旗揚げし、12年4月には公益社団法人の認可を受けた。現在の隊員は680人。東京電力福島第1原子力発電所での活動はまだ実現できていないが、福島県内の除染活動や帰村活動の手伝いに汗を流す。山田恭暉理事長(73)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1241文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン