/

この記事は会員限定です

イケメン無罪が生む「男は見た目」市場の活況

編集委員 石鍋仁美

[有料会員限定]

「イケメン無罪」。中国の「愛国無罪」をもじったやや際どい近年のネットスラング(隠語)で、イケメン(=美男子)は何をやっても許されるし、うまくいく、という意味だ。「男は中身」という時代が終わり、いま女性からも、ビジネスの相手からも、男たちが外見で判断される時代が来た。このことが新たな消費とライフスタイルを生んでいる。

美しいほうが有利な人生

脚本家の野島伸司氏が手がけた2009年放映のテレビドラマ「ラブシャッフル」。恋愛の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3573文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

消費を斬る

話題のヒット商品やトレンドの背景を専門記者が最前線の取材から分析、「今なぜ売れるのか」「次の流行は何か」を解き明かす。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン