/

セブン&アイ、カタログ通販のニッセンを買収へ

取得総額177億円

セブン&アイ・ホールディングスは2日、カタログ通販大手のニッセンホールディングスを買収すると発表した。子会社のセブン&アイ・ネットメディアを通じ、3日から来年1月22日までの期間でTOB(株式公開買い付け)を実施。議決権ベースで50.74%取得、子会社化をめざす。取得総額は126億円。

既にユーシーシーホールディングスら上位株主から30%分に当たるTOB賛同の表明を得ているが、仮に50.74%に達しなかった場合、ニッセンがセブン&アイ向けに発行する第三者割当増資を実施する。その場合、取得総額は最大で177億円を見込む。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン