2019年4月19日(金)

吉野家、280円「牛鍋丼」を発売 牛丼は値下げせず

2010/9/2付
保存
共有
印刷
その他

吉野家は2日、低価格の新メニュー「牛鍋丼」を7日に発売すると発表した。価格は並盛が280円、大盛が380円。10月7日には「キムチクッパ」も280円で発売する。牛丼は値下げせず、ゼンショーなど競合企業が仕掛ける牛丼の低価格競争に新商品投入で対抗する。

牛鍋丼は牛肉を豆腐や野菜と一緒に煮込んだ具をごはんにのせた商品。価格を抑えるため、牛肉は米国産に加え、豪州産を1割程度使用する。牛丼以外の既存メニューを大幅に整理するなどし、コストも抑制する。低価格の新商品を「客数を増やす有効な切り口」(安部修仁社長)とし、2けたの減少が続く既存店売上高に歯止めをかける。

業界では「すき家」のゼンショーが牛丼の並を280円、松屋フーズが320円で販売し、期間限定で250円に値下げしている。安部社長は牛丼については「利益が確保できないので値下げはしない」と改めて強調した。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報