/

この記事は会員限定です

外食チェーン、鳥インフル対策急ぐ 中国産鶏肉輸入中止

[有料会員限定]

外食チェーンが中国で感染が拡大している鳥インフルエンザの対策に乗り出す。ラーメン大手のハイデイ日高が中国産鶏肉の扱いを停止するなど、今後も感染地域が広がれば、ほかのチェーンも対応を迫られそうだ。

ハイデイ日高は連休明けから「日高屋」で提供する空揚げ用の鶏肉で中国産の使用をやめた。調達先を広げるため4月から輸入を始めたばかりだった。「適切に処理しており安全性に問題はない」が、利用者の気持ちを考慮し当...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り201文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン