/

カルフールのマレーシア事業買収発表 イオン、総額約260億円

イオンは1日午前、仏カルフールのマレーシア現地法人の全株式を約151億円で取得したと正式発表した。負債などを含む買収総額は約260億円に上るとみられる。イオンの同国内の店舗数は55店と倍増し、売上高は小売業で2位に浮上。2020年度までに100店とし首位を狙う。

10月31日付で取得し、社長にイオンのアセアン事業最高経営責任者の尾山長久執行役が就いた。社名はイオンビッグマレーシアに変更予定。低価格販売を強みとする既存の大型スーパー「ハイパーマーケット」26店はそのまま営業し、従業員約3200人の雇用も維持する。

カルフールのノウハウを吸収し、14年度に進出を目指すベトナムなど東南アジア各国で低所得者向けスーパーの出店も検討する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン