/

NEC、川崎のビル所有権を買い戻し 575億円で

NECは30日、川崎市中原区のビルの実質的な所有権を約575億円で買い戻したと発表した。2002年に同社が証券化し、その後も入居し続けている「玉川ルネッサンスシティ」の3棟のビルが対象。ビルの賃料収入を得られる権利を証券化した信託受益権を取得した。NECはこのビルの賃借に年間数十億円を支払っていたため、中期的には買い戻して保有した方が有利になると判断した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン