NEC営業益99%減、携帯基地局が反動減 4~9月

2013/10/30付
保存
共有
印刷
その他

NECが30日発表した2013年4~9月期連結決算営業利益が前年同期比99%減の3億7900万円だった。国内の情報技術(IT)サービス事業は堅調だったものの、前年同期に業績を押し上げた携帯電話基地局の増設需要が一服、反動減で大幅減益になった。

売上高は前年同期比5%減の1兆3831億円だった。企業向けや官公庁向けのシステム開発事業は堅調だったが、基地局など通信会社向けは振るわなかった。

最終損益は261億円の赤字(前年同期は79億円の黒字)だった。7月末でスマートフォンの開発を中止したことに伴う特別損失を計上した一方、携帯電話販売会社の売却益を計上した。

14年3月期通期の業績予想は据え置いた。売上高は前期比2%減の3兆円、営業利益は同13%減の1000億円になる見通し。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]