/

この記事は会員限定です

NOといえるバンカー(一目均衡)

米州総局編集委員 梶原誠

[有料会員限定]

「悪質なM&A(合併・買収)をやめるよう経営者に言うべき時がある。感謝されても報酬はゼロ。バンカーとはおかしな商売なのだ」。米投資銀行家、ケン・モリス氏(51)が「バンカー道」を説いたのは、UBSの米州部門を率いていた8年前のことだ。

その同氏は今、こう警告し始めている。「バンカーが企業に大量のM&Aを売り込んでいる。経営者は提案が長期的な企業戦略に合うのかどうかを慎重に見極めなければならない」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り973文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン