2019年7月22日(月)

企業、アジアで潤う 売上高の最高更新ずらり
10~12月 コマツ中国6割増収、キヤノン一眼レフ好調

(1/2ページ)
2011/1/29付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

企業収益をアジア事業がけん引する構図が一段と鮮明になっている。発表が本格化している2010年10~12月期の決算で、コマツやキヤノンなどアジア向け売上高が過去最高になった企業が相次いだ。中国を中心に個人消費や設備投資は旺盛で、利益もアジアが稼ぎ頭の企業が目立つ。ただ、米欧企業も攻勢を強めており、成長市場を巡る競争が激化しそうだ。

コマツはアジアの売上高が1年前より36%増えた。中国だけなら6割近…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。