/

エルピーダ破綻、債権保有企業に回収懸念広がる

エルピーダメモリの経営破綻の影響が債権者や投資家などの間で広がっている。28日は三菱UFJリースや、凸版印刷などがエルピーダに対する債権に取り立て不能や遅延の恐れが生じたと発表。またエルピーダの転換社債型新株予約権付社債(CB)を裏付けとする「仕組み債」の保有企業も出てきており、影響拡大を懸念する声もある。

28日は三菱UFJリース興銀リースなどリース会社が相次ぎ取り立て不能などを発表した。エルピーダ向けに半導体製造設備の一部をリース供与しており、対象債権は三菱UFJリースで89億円にのぼった。

事業会社にも影響が出ている。凸版印刷半導体製造に使うフォトマスクなどを納入しており、44億円の売掛金が残っているという。半導体材料のフォトレジストで取引がある東京応化工業も売掛金が対象だ。

また、広告仲介のファンコミュニケーションズはエルピーダのCBと、CBを裏付けとした「リパッケージ」債の計1億2千万円に償還不能の恐れがあると発表。エルピーダが発行した社債の発行残高そのものは1400億円弱だが、社債などを裏付けとした仕組み債でも損失が出る恐れがある。

リース会社など金融機関は担保などで債権を保全しており、業績への影響は限定的になりそう。一方、事業会社などは貸倒引当金の多寡によって収益への影響は異なりそうだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン