2019年1月19日(土)

東電国有化を正式決定 株主総会が終了

2012/6/27 15:42
保存
共有
印刷
その他

東京電力が27日、都内で開催した定時株主総会が終了した。優先株の発行を可能とする定款変更や取締役選任など会社提案の4議案をすべて可決。公的資金の受け入れによる実質国有化を株主が正式に承認した。筆頭株主の東京都が提出した4議案を含め、株主が提案した10議案は反対多数で否決した。

東京電力の株主総会について報道陣の質問に答える東京都の猪瀬直樹副知事(27日)

東京電力の株主総会について報道陣の質問に答える東京都の猪瀬直樹副知事(27日)

定刻の午前10時に始まり、午後3時半すぎに終了した。開催時間は5時間半余りで、6時間9分だった前年に次ぐ過去2番目のマラソン総会となった。出席者数も過去2番目の4462人(午後3時時点)に達したが、最多だった前年(9309人)の半分弱にとどまった。

株主から事前に123問の質問があったほか、会場でも数十人の株主が質問に立った。質疑応答に約3時間40分をかけた。2.7%の株式を保有する筆頭株主の東京都を代表して猪瀬直樹副知事が出席。「東電の合理化は不十分」などと指摘したほか、東電病院など電力事業と関係のない資産の売却を求めた。

都は「顧客サービス第一を使命とする」「料金算出プロセスなど情報を開示し、経営の透明性を確保する」などを定款に盛り込むことを求める議案を提出していた。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報