しまむらの12年3~11月、過去最高益 都市部の出店カギに

2012/12/27付
保存
共有
印刷
その他

しまむらが27日発表した2012年3~11月期の連結決算は、純利益が前年同期比17%増の211億円だった。機能性を追求した衣料品などの売れ行きがよく既存店売上高が好調。3~11月期として過去最高益を更新した。ただ、都市部での出店立地の確保に苦戦。13年2月期通期の出店数が当初計画を約3割下回る見通しとなるなど今後の成長に向け課題もみえる。

3~11月期の売上高(賃料など営業収入含む)は7%増の3664億円だった。主力の「ファッションセンターしまむら」の既存店売上高は3%増。11月に気温の低い日が多かったことも追い風で、吸湿発熱や抗菌防臭などの機能を持つ衣料品の販売が好調だった。

グループで52店を新規出店し、そのうち7割を都市部に集中させた。既に店舗網が行き渡った郊外ロードサイド中心の出店戦略を転換し、手薄な都市部の開拓を急いでいる。国内全店に占める三大都市圏(東名阪)の店舗比率は約30%と1年前から約2ポイント上昇した。

気掛かりなのは、当初計画で100店だった今期の出店数が70店程度に減りそうな点だ。都市部の高い賃料に見合うだけの売上高が見込める立地の選定に手間取っている。今期の売上高は既存店の改装などで確保するもようだが「中長期の成長は都市部開拓にかかっている」(JPモルガン証券の村田大郎シニアアナリスト)との声がある。

このため7月に千葉県内のパルコ、9月には大分県内の百貨店にテナント入居するなど従来とは異なるタイプの施設にも出店を始めた。マネキンを多く使う陳列など新たな販売手法を試す取り組みも奏功し「計画通りの売上高を確保できている」(同社)という。

地価は一部主要都市で上昇する傾向も出ている。商業ビルなど多様な立地に機動的にどれだけ出店していけるかが、好業績を維持するカギとなりそうだ。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]