/

この記事は会員限定です

個人、プロに運用お任せ ラップ口座残高8割増

金融機関のサービス拡充も奏功

[有料会員限定]

個人がまとまった資金の運用を金融機関に一任する「ラップ口座」の残高が急増している。大和証券など大手4社の2014年3月末の残高は、約1兆3000億円と前年同月比で8割増えた。「貯蓄から投資へ」の流れが起きる中で、資産形成の受け皿として需要が拡大。プロに運用を任せることで、金融商品を選ぶ手間が省けることも人気の要因のようだ。

ラップ口座は個人が金融機関と契約し、資産運用を一括して任せるサービス。金融...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り638文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン