メガネスーパー5~10月、決算訂正で債務超過も

2011/12/26付
保存
共有
印刷
その他

メガネスーパーは26日、2009年4月期から11年5~10月期までの有価証券報告書や決算短信を訂正する可能性があると発表した。11年10月末時点で棚卸し資産を2億4800万円過大に計上していたためで、これを11年5~10月期単独決算に反映すると、10月末で1億4300万円の債務超過に陥るという。

同日、28日に予定していた国内買収ファンド大手のアドバンテッジパートナーズ(AP)を引受先とする第三者割当増資と新株予約権の発行を1月31日に延期すると発表した。今月27日に開催する臨時株主総会で正式に決める。決算修正による影響を確認する必要があるためとしている。

メガネスーパは11年4月期の最終損益が15億円の赤字になるなど、4期連続で赤字となっている。ジェイアイエヌなど低価格眼鏡専門店にシェアを奪われ、苦戦が続いている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]