/

この記事は会員限定です

国際物流大手、相次ぎ通期下方修正へ 郵船・商船三井など

[有料会員限定]

海運など国際物流大手企業が2013年3月期の業績予想を相次ぎ下方修正する見通しだ。欧州や中国の荷動き低迷で商船三井の最終損益は従来の黒字予想から100億円超の赤字になりそう。日本郵船川崎汽船経常利益が100億円前後下振れする可能性が高い。物流業の業績は景気の先行指標とされる。海外勢の減速も鮮明で、世界景気の不透明感が一段と強まる可能性がある。

債務問題を背景とする欧州向け荷動きの停滞に加え、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り383文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン