/

この記事は会員限定です

牛丼大手、すし・とんかつで出店攻勢 脱デフレにらむ

[有料会員限定]

牛丼大手が脱デフレをにらみ「すし」や「とんかつ」など、客単価が高い分野を拡大する。牛丼店「すき家」のゼンショーホールディングスは2014年3月期に、回転ずし店を過去最高となる70~80店出店。松屋フーズはとんかつ店の年間の新規出店数が牛丼を初めて上回る。低価格の牛丼に景気回復の恩恵が及ぶか不透明なため、牛丼以外を収益源に育てる。

ゼンショーは「はま寿司」の今期の新規出店数を前期の58から大幅に増...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り600文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン