/

この記事は会員限定です

株式配当6年ぶり最高、6.9兆円 家計に恩恵も

14年3月期

[有料会員限定]

上場企業が稼ぎ出した利益を株主に手厚く配分する姿勢を強めている。2014年3月期は株式の配当の総額が前の期から2割増えて6兆9000億円となり、6年ぶりに過去最高を更新した。収益拡大を背景に、配当を増やしたか復配した企業は2社に1社にのぼる。今期もこの流れは続きそうで、賃上げの動きも相まって家計に恩恵を及ぼしそうだ。

多くの3月期決算企業は前期末の株主に対し、6月から7月にかけて配当を支払う。今夏...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り978文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン