/

この記事は会員限定です

企業の自社株買い5年ぶり高水準 1~9月1.7兆円

[有料会員限定]

上場企業の自社株買いが活発になっている。円安や内需の回復で企業業績が改善。余裕の出てきた手元資金で自社株を買って株主に還元、資本効率の向上へ動いている。1~9月で1兆7095億円と既に昨年の年間実績を超え、2008年以来の多さになる公算。自社株買いにとどまらず、設備投資や賃上げにも現金を使う動きが広がるかが課題になってくる。

年初から今月19日までの自社株買い総額を金融情報サービスのアイ・エヌ情報...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り581文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン