株主優待、復調の兆し 業績回復で2年半ぶり増
個人取り込み狙う

2011/1/22付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

企業が株主配分の一環として自社製品や買い物券などを提供する株主優待の実施企業数が2年半ぶりに増加に転じたことが分かった。2010年12月末時点の実施企業は1026社と同9月末時点に比べ8社増加した。08年の金融危機を受け実施企業数は減少が続いていたが、業績回復で財務に余裕が出たことが背景にある。ユニークな優待も増えており、個人株主を取り込んで株価の下支えにつなげる狙いもあるようだ。

大和インベス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]