PGMのTOB不成立 アコーディア株応募20%に届かず

2013/1/18付
保存
共有
印刷
その他

ゴルフ場運営国内2位のPGMホールディングスは18日、同首位のアコーディア・ゴルフに対するTOB(株式公開買い付け)が不成立となったと発表した。応募が買い付け予定の下限である20%にとどかず、約17%にとどまったため。18.12%の保有が明らかになっていた投資会社レノ(東京・港)は応募しなかったとみられる。

PGMは昨年11月16日から今月17日までアコーディア株の50.1%を上限にTOBを実施。アコーディアの経営側は反対意見を表明し敵対的買収に発展していた。

PGMは「17日に悪質な情報操作があり、成否に大きな影響を与えた」と主張。証券取引等監視委員会に対して、被疑者不詳のまま金融商品取引法に違反する事実の有無を調査するよう求めた。

17日正午過ぎ、一部外資系通信社はアコーディアが150億円規模のゴルフ場売却を実施し、自社株買いを検討しているとの趣旨の記事を報じていた。アコーディアは「コメントをする立場ではない」としている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]