/

この記事は会員限定です

交流ゲーム、陰る成長 開発会社は依存見直し

グリー、13年6月期営業益横ばい

[有料会員限定]

交流ゲーム各社の成長鈍化が鮮明になってきた。グリーは14日、2013年6月期の連結営業利益が前期比横ばい圏にとどまると発表。グリー以外の各社も利益が頭打ちになっている。「コンプリート(コンプ)ガチャ」問題を契機に規制強化が広がっているためだ。ゲーム開発会社が交流ゲームを運営する複数の会社にゲームを配信するなど、業界構造が変化する兆しも出始めた。

グリーは13年6月期の連結営業利益を740億~840...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り866文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン