2019年9月17日(火)

ラオックス、最終赤字14億円 1~9月

2011/11/11付
保存
共有
印刷
その他

ラオックスが11日発表した2011年1~9月期連結決算は、最終損益が14億円の赤字だった。東日本大震災の影響で海外からの訪問客が減り、免税品などの販売が低調で固定費負担を賄えなかった。

昨年12月に決算期を3月期から12月期に変更し、前年同期と比較はできない。売上高は68億円だった。部門別では家電製品、免税品などの「物品販売事業」が62億円、「不動産賃貸事業」が5億円、中古ゴルフ用品販売の「その他事業」が3900万円だった。震災による消費低迷やテナント誘致の遅れで部門営業損益はいずれも赤字。全体の経常損益は11億円の赤字だった。

11年12月期通期は売上高110億円、経常損益が9億円の赤字、最終損益が13億円の赤字を見込む。通期でも海外からの訪問客減少で販売が苦戦する見通し。震災関連の特別損失約3億円も計上する。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。