2019年5月23日(木)

投信、毎月分配に再び資金 高齢者の人気根強く
6月の流入額4000億円に

2014/7/14 13:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

株式で配当にあたる「分配金」を毎月支払う投資信託が再び人気を集めている。設定から解約などを引いた資金流入額は6月に約4000億円と2013年5月以来、1年1カ月ぶりの高水準だった。「毎月分配型」は、年金の足しに定期的な現金収入を求める高齢者層などに根強い需要がある。

個人向け金融商品の主力である投信は、個人などから資金を集めプロの運用者が株式や債券に投資する。投資信託協会によると、証券会社や銀行…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報