/

この記事は会員限定です

中間配当18%増、上場企業 東芝や三菱電機は復配

[有料会員限定]

上場企業の配当が回復してきた。2010年4~9月期の配当(中間配当)総額は前年同期比18%増の2兆円強になりそうだ。東芝三菱電機が配当を復活するなど、製造業を中心に増配や復配をする企業が相次ぐ。自社株買いを実施する企業も増えており、財務改善で手元資金に余裕の出てきた企業が株主配分に力を入れている。低迷する株価のてこ入れや個人消費の喚起にもつながりそうだ。

東芝は1株当たり2円程度、三菱電機は同2~3円の中間...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り925文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン