強い企業の育成、東証社長と三菱ケミHD社長が議論
創論

(1/2ページ)
2012/3/11 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 円高が和らいでも、人口減など日本企業への逆風は続く。オリンパスの粉飾決算事件で企業統治の問題も露呈した。市場の力をテコにした企業活性化を目指す斉藤惇・東京証券取引所グループ社長と、経済同友会の副代表幹事で経営改革委員長を務める小林喜光・三菱ケミカルホールディングス社長が「強い企業」の育て方を議論した。(文中敬称略)

■斉藤氏、主要産業替わる変革 必要

――円高、高税率、電力不足など「6重苦」と呼ば…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]