企業の内部統制報告書、訂正件数7割増 不正発覚相次ぐ

2012/8/14付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

上場企業が自社の管理体制を点検する「内部統制報告書」の訂正が増えている。いったん体制が有効だと報告した企業が後に訂正した件数は、2011年度(11年3月期~12年2月期)に27件と前の年度の16件から7割増加。社数も15社と4社増えた。不適切な会計処理などが発覚し、管理体制の不備を認める企業が相次いだのが背景だ。

内部統制報告書は09年3月期決算から提出が義務付けられた。決算書を作るための管理体…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]