/

この記事は会員限定です

企業の国債保有膨らむ トヨタ4兆円超、成長への投資課題に

[有料会員限定]

上場企業が国債の保有を増やしている。業績の改善で潤沢になった手元資金を比較的安全で換金しやすい国債の購入に振り向けているためで、トヨタ自動車の国債保有額は4兆円を超えた。上場企業はコマーシャルペーパー(CP)や社債市場でも資金の出し手側に浮上している。資金が活用されずに内部に積み上がっている側面も強く、将来の成長へ向けてどう資金を生かしていくかが次の課題になる。

企業は設備投資やM&A(合併・買収...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1152文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン