ゴーン社長の役員報酬、10億円到達も 12年3月期
日産、取締役8人の総額4%増

2012/6/5付
保存
共有
印刷
その他

日産自動車は5日、2012年3月期の役員報酬が社内取締役8人の合計で前期比4%増の17億4900万円だったと明らかにした。個別の報酬は26日の定時株主総会に合わせて公表する見通し。カルロス・ゴーン社長の報酬は10億円に達した可能性もある。

株主総会の招集通知で開示した。ストックオプション(株式購入権)を加えた総報酬は8人で18億8300万円。連結営業利益が前の期から7割増えた11年3月期の業績に基づき支払った。

ゴーン社長の11年3月期の報酬はストックオプションなしで9億8200万円だった。先にトヨタ自動車が公表した12年3月期の取締役報酬は、取締役の減少などを反映して43%減の9億7200万円。12年3月期はゴーン社長1人の報酬がトヨタの総額を上回る可能性がある。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]