井筒屋の10年3~5月期、最終黒字に転換

2010/7/5付
保存
共有
印刷
その他

井筒屋が5日発表した2010年3~5月期の連結決算は、最終損益が4億5100万円の黒字(前年同期は4億3400万円の赤字)だった。人件費や広告宣伝費など販売費・一般管理費の抑制効果が出たほか、前年同期に計上した棚卸し資産の評価損がなくなったことが寄与した。3~8月期の純利益予想は6億円に引き上げた。

3~5月期の売上高は前年同期比9%減の216億円。衣料品などの販売減は続いたが、宝飾など高価格品が持ち直し、想定より減少幅が小さかったという。

売上高販管費率は前年同期より3.9ポイント低い22.8%。4月に実施した従業員の早期退職や前期に実施した営業系システムの効率化などでコスト削減が進んだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]